ラブサミに初参加、初出店する方の参考になるよう、事前準備などをまとめました。
また、このページに記載の事柄は、集客・売上アップを保証するものではありません(笑)。

 

オリジナルデザインのTシャツを作ろう!

1デザインにつき十何枚も作る必要はありません。
ネットで「Tシャツ プリント」と検索すると、「1枚から作れる」「1枚から製作」というところもあります。

布用のカラーペンクレヨン絵の具で手描きしたもの、Tシャツくんなどを使って自分でプリントしたもの、1点もの等も、もちろん展示販売O.Kです。

ペンやインクなどは、もちろんAmazonでも購入できます。


布用 布書きペン

製版機「Tシャツくん」

 

Tシャツデザインを2点アップロード

「展示販売予定のTシャツ画像2点以上をWEB上で公開」という条件がハードル高い?

個人ブログ、FacebookなどのSNSにTシャツ画像(完成予想イメージ画でも可)を2点アップロード。

これで条件クリアです。カンタンですねー。

画像は、実際の商品を撮影したものである必要はありません。通販サイトである必要はありません。(但し、閲覧に登録や承認が必要なSNSは除きます。)

会場で購入を諦めたけど、やっぱり欲しい!となる事、多々あります。

後日ご購入希望の方が、どこに連絡すればいいの?という時の為にも。

 

出店のお申込み

募集要項や注意事項を必ずお読みのうえ、お好みのブースをお申込み下さい。

→出店者募集要項

募集要項ページから「お申込み」へお進みください。

プルダウンして「在庫1」となってる番号のブースが、お申込み可能なブースです。
必要に応じて、備品レンタルや広告もお申し込みください。

 

初出店参加の方から、よくある質問

「どんなデザインが売れる?」
「何種類、何枚くらい持って行けばいい?」
「売れる場所(ブースの位置)ってどこ?」

上記に関する答えは
「売り上げ集計、調査をしていないので、わかりません。」

右も左もTシャツだらけの会場内。

Tシャツを購入するお客様は、事前にお目当てのブランド、立ち寄るブースを決めて入場される方が多いようです。

ブースに立ち寄ってくれる人が少ないと心が折れそう! という心配がある方は、出店が決定した時点で「ラブサミで、こんなデザインのTシャツを販売するよ」とSNSなどで告知したり、「よければ来て!」と多くの知り合いに声をかけておくのが最良かと思います。

 

当日、あると良いもの

1)展示什器

フリーマーケットでよく見られる床にシートを敷いて直置きする商品レイアウトは混雑時に商品を踏まれてしまったり等、トラブルの元になるのでおすすめしません。
しかし、設営作業に慣れていない場合は「手間取って開店準備が終わらない!」という事になりかねませんので、大がかりなブース設営もおすすめしません。

無理はしないでください。

事前に備品レンタルで、テーブルをレンタルしてください。 ラブサミのブースづくり

レンタルテーブルは長机(幅180×奥行き45×高さ75センチ)なので、奥行き100cmのブースは1台、それ以外のブースは2台設置いただけます。

クロスをかけると見栄えが良いですヨ。

※テーブル、椅子のレンタルは、ブースお申し込み後も別途お申し込みいただけます。

 

2)値札

買おうかな、どうしようかなという時「いくらですか?」って聞きにくいですからネ。
商品毎のものではなく、「本日◯◯◯◯円(一部商品除く)」など、大きめのプライスカードが1つあるだけでも違うと思います。
値札

3)ショップカードや看板

ブランド、お店の名前がわかるものがブース内にあると良いです。ブランド名、URLを記載したお店の名刺や、ポストカードフレームで簡易看板を作ってテーブルに置いたり。
帰宅してラブサミで見たTシャツやっぱり欲しいからネットで買おう!となった時に、ブランド名なんだっけ?という話、たまにあります。

4)おつり

お祭りの屋台同様、各ブースでのお会計となります。
建物内や近隣にATMがないため、事前にご用意下さい。

 

その他

会場やブースの雰囲気は画像検索で「ラブサミ ブース」などで検索してご覧ください。